お雛様の編み図

3月のテーマは、お雛様を公開しました。

めずらしく?早いテーマの公開です。

とはいえ、ひな祭りまで、10日もないので、ちょっと早めの公開とないました。

2009032201.jpg

白塗りのゴールデンリトリバーとマルチーズのペアです。

 

作り方は、ちょっと間に合いそうにないので、編み図のみ、こちらで公開しておきます。

ブログでの編み図の公開は中止しました。

 

今日はお雛です。

 

め雛もすぐに公開予定です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングサイトに参加中!よかったらポチッとお願いします。
人気のハンドメイドのサイトもたくさん登録されていますよ。

“お雛様の編み図” への2件の返信

  1. 今頃、お雛様の記事にコメント、あしからずです。
    寅、卯、カーネーション、お雛様も作ってブログに写真を追加したので、またリンクさせて頂きます。
    このお雛様、こちらの画像のように、前の部分を床につけて、お辞儀しているように座らせるのが正しいのでしょうか?
    私はよく見ずに撮影を終えて、ブログに載せてから気付いたのですが、2人が手に持っているもの(色)が写るように、ゴールデン・リトリバーの目が怒っているように見えないように、と並べた結果、ちょっとインベーダーみたいに見えなくもないというか(笑)。でも前を床につけると、私のお雛様たちは着物の裾(後ろ)が床から浮いてしまうんですよね。もっと袖を左右に広げるものなのかしら。

    で、編み図の方なんですが、編み図4の手順が2から始まっていて、テグスの色も赤と青が逆になっていました。
    それから、頭につけている黒いやつは、編み図2の耳の付け位置へ移動する途中で通るビーズなので、そこでテグスを交差させて、耳を付ける前に作ると、テグス1本で済みます。テグスは、冠(?なんていうのか知りませんが)を作り終えると丁度、耳の付け位置に出てきますが、この場合、編み図5は赤と青が逆になり、編み図2の耳からは、赤と青がまた合います。図も、編み図2と5では180度、向きが違うのですが、その辺はヤスハラさんの力量でうまく纏めて頂いて、レシピとしてリストに加える際には、女雛と同じく1本のテグスで出来るレシピになればよいかな、と参考になればと思い、一言書かせてもらいました。

    お忙しい中、メールの返信、有難うございました。mixiの方も。
    ちび龍も早速、作らせて頂きますね♪

    1. いつもありがとうございます。
      お雛様はかなり前に作ったものなので、正直あまり覚えていません。
      ご指摘いただいた点については、またレシピを見直す際に参考にさせていただきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


画像の文字を入力して下さい。