ビーズのサモエド

ビーズのサモエド(まめサモ)が完成しましたので、ホームページにアップしました。

http://poochnavi.com/beads/recipe/samoyed_mame/

 

もふもふ感アップでお伝えしていたように、スワロフスキービーズで作ってみると、よりもふもふしてしまいました。

後ろからとか見ると、ちょっと毛の流れが自然でないところもありますが、今回はもふもふ感を優先しました。

全体的には、サモエドっぽくて、いい感じに出来ました。

もふもふ感を出すために、毛並みを、飾り毛のような感じで、あとからつけていく作りになっています。そのため少しつくりにくいところもありますが、よかったら挑戦してみて下さい。

編み図は、ホームページで販売しています。

 


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングサイトに参加中!よかったらポチッとお願いします。
人気のハンドメイドのサイトもたくさん登録されていますよ。

“ビーズのサモエド” への4件の返信

  1. 安原様、
    初めてコメントさせて戴きます。
    先日出された《ロシアの犬》の中にサモエドが載っていたので、即amazon Kindle版を購入して作ってみました。
    レシピには3ミリと書いてありましたが困難を極めそうでしたので4ミリでトライ。後頭部が難しかったですが、なんとかサモエドになりました。
    もう1つ、同じく4ミリでちびユニコーンも作ってみましたが、4本の脚を編んでいく所が本当に難しかったです(汗)
    ちびユニコーンで1つ質問なんですが、4/5の16の4つのビーズのうち外側の2個は出来上がった時に外側に出ていますが、これで良いのでしょうか?
    何れにしても、このような立体モチーフを考えられる事、それを3ミリ作る事が出来るという事、素晴らしい才能ですね!

  2. コメント&amazonでの電子本お買い上げ、ありがとうございます。
    難しい作品に挑戦してもらえてうれしいです。

    質問にある、ちびユニコーンの4/5の16の4つのビーズの外側の2個は、5/5の1と2で交差させるビーズになります。
    尻尾のつけねの部分にあたります。
    説明がわかりづらい場合は、また聞いて下さいね。

    3mmはとても小さいので、作りやすいように4mmを使うのは良いですね。サモエドやユニコーンはクリスタルを多く使うので特にテグスが見えにくいです。
    私は3mmで作る時は、ときどきルーペなんかもつかってます。

    ほかにも、わかりにくいところなどありましたら、気軽に聞いて下さい。
    では、これからもよろしくお願いします。
    ありがとうございました。

  3. 安原様、
    こんにちは。先日はありがとうございました!
    ユニコーンはなんとか2つ目ができました(^ ^)

    ところで、別件で質問なんですが、安原さんのホームページに掲載されているふくろうを作りたくてKindle版の編み図を購入したいと思ってamazonを見てみたんですが、まだKindle版での販売はされていないのですか?
    もし販売されているなら、どの号に載っているのか教えて戴けると嬉しいです(^ ^)
    よろしくお願いしますm(_ _)m

    1. ユニコーンうまくできたようでよかったです。

      ふくろうについては、まだkindle版はありません。
      鳥をあつめて、鳥①という形で出版しようかと思っています。
      もうしばらくお待ち下さい。

wancobeads にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


画像の文字を入力して下さい。