犬と歩いて…―盲導犬ユーザーの詩

犬と歩いて…―盲導犬ユーザーの詩 表紙
¥ 576 (税込)
「目が見えるようになりたいとは思わない。目が見えなくてもできることってたくさんあるはず…」。光を失ったユーザーたちにいつも寄り添い、新しい世界へ導き、幸福な光景を見せてくれる盲導犬。44人のユーザーたちが、彼らとの幸福な日々と切ない別れ、人と犬の深い絆をエッセイや詩で綴った、勇気と感動のノンフィクション
全日本盲導犬使用者の会
文庫; 250p; 15x10cm
幻冬舎(2006-06)
犬本TOPに戻る
この商品を買った人は、こんな商品にも興味がありますよ

ぷーちなび犬本