犬と暮らした季節―ゼンタからの最後の贈りもの

犬と暮らした季節―ゼンタからの最後の贈りもの 表紙
\1,953 (税込)
ロープライス
\ 518(100%off)
私は年老いたゼンタに言った。「お互いこうして生きている間は、仲良くいたわり合っていこうなあ」。グレートデン犬ゼンタと著者が共に過ごしたベルリンの日々を綴る。講談社1970年刊「いとしのゼンタ」の改題新訳。
パウル アイパー(著),山口 四郎(翻訳)

犬本TOPに戻る

ぷーちなび犬本