さよなら、あの日の動物たち

さよなら、あの日の動物たち 表紙
\1,575 (税込)
イギリスに渡った三本脚の犬「リチャード三世」、知的障害のある男の子に大切に育てられた純白のオウム「雪之丞」、学校で厄介者扱いされていたニワトリの「ミドリ」、「いざとなったらシャッキリしろよ」の思いで名づけられたダルメシアン犬「イザトナルト」…など、思いがけない出会い、そして別れを心温まる絵と文でつづる。名作『雨の動物園』の続篇。
舟崎 克彦
単行本; 142p; 20.8x15.4cm
時事通信社(1999-07)
犬本TOPに戻る

ぷーちなび犬本