テグスに色をつける

編み図をもとに編んでいく時、テグスに色をつけてやるとわかりやすくなります。

また、ビーズの色によっては、透明のテグスは見えにくいので、色をつけてやると通しやすくなります。
マジックで色をつける 紙の上などで、テグスをマジックで押し付けるような感じで、先から2〜3cmぐらいに色をつけます。
両端に色をつける 両端に、別の色をつけましょう。

わんこビーズの編み図は、赤と青で描いていますが、先がわかりやすい色であれば何色でもOKです。
油性のマジックでも、編んでいくと、だんだん色が剥げてくるので、何度か塗りながら編むようにして下さい。
マジックが乾いてから編んで下さい。ビーズに色が付くことがありますので。

慣れてくると透明のテグスでも問題なくなってきます。
左右のテグスをわかりやすくするには、 テグスの左右をわかりやすく をみて下さい。
0008616 前日:0002 本日:0001